自分の人生を受け入れてーサキの日記

歯磨き粉に含まれる危険な成分、知っていますか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

通常、買い物へ行った時に少しでもお値打ちな商品を購入したいと思うのは普通のこと。

私も薬局やホームセンターへ行った時に普段よりも安いと「腐るものでもないし買っておこうかな~」と、まだ家にあっても購入していました。

 

ところが市販されている大部分の歯磨き粉に含まれる成分で危険なものって結構あるんです。

これが我が家が使用していた歯磨き粉。

何が何だか素人にはわからないような成分がいっぱい書かれています。

 

ラウリル硫酸Na

大部分の歯磨き粉に使用されている発泡剤です。

よく泡立ってくれるとキレイになったような気分になりますが実は危険な成分です。

これは合成界面活性剤の1つで泡立ちをよくする為に歯磨き粉だけでなくシャンプーにも使われているようです。

旦那が会社で使うから欲しいというリンスインシャンプーにも入っていました。。。

このラウリル硫酸Naは口内粘膜や頭皮からも吸収されやすく、ダイレクトに血管に入って15秒で心臓に届いたり、目の裏や肝臓、子宮等にも蓄積すると言われています。

 

近年では若年性白内障が多くなっているそうですが、その原因の1つがこのラウリル硫酸Naではないかと疑われています。

また、味覚障害も増加傾向にあるそうですが、それもラウリル硫酸Naが舌の[味]を感じるための味蕾細胞を破壊しているのが原因とも言われているようです。

そしてアメリカでは6歳以下の子供用品への使用を禁止しており、ドイツでは全面的に禁止しているということは注目すべき点であると思います。

 

サッカリンナトリウム

人工甘味料と血糖値の関係という記事を以前書いたときにも「サッカリン」という名称で少し紹介しましたが通常「サッカリン」と書かれているものは「サッカリンナトリウム」のことです。

これは以前、日本で発がん性が疑われ、使用禁止になった歴史のある砂糖の500倍の甘さの甘味料です。

使用禁止になった理由となった動物実験でのサッカリンの量が尋常ではなかったという指摘を受け再検査をした結果問題が無かったので使用可能となったという経緯がありますが、現在でも使用量に制限が設けられています

このサッカリンナトリウムは発がん性のあるコールタールの研究中に偶然発見された成分です。コールタールは塗装や錆止めに使用されますが、注意書きに発がん性の危険を明記している商品もあると言います。

酸化チタン

安定剤として使われています。これは発がん性、アルツハイマー、不妊の可能性があると言われています。

フッ素

これには少し驚きました。

フッ素は虫歯予防のためには含まれていた方が良いと思っていましたし、確か子供の2歳児集団健診のときにフッ素塗布を希望者にはしていました。(私は二人ともお願いはしませんでした)

このフッ素には発がん性と脳神経障害の危険があると言われています。

「微量であれば問題ない」という専門家も居れば「微量でも体に悪い」という専門家もいるようです。

歯磨き粉に含まれているのは微量なので人体にそれほど影響しないと言われている現状ですが、驚くことに殺鼠剤の主原料としてフッ素は用いられているということです。

そしてなんとなんと!あのサリンを作るためには歯医者さんが子供達の虫歯予防に使っているフッ化ナトリウムが必要なんですって。(゚Д゚;) (参考:フレンズ歯科クリニックホームページ

免疫機能、神経の働きにダメージを与え、甲状腺などの内分泌系にも影響を与えているという指摘もありあす。

フッ素に関してはフッ素には一杯くわされました。という歯科医院の先生がかかれた面白い記事もありますので一度読んでみてください。

酸化アルミニウム

アルミは脳に届けばアルツハイマーや記憶障害、注意力欠陥、味覚障害、ストレスなどの原因になりやすいそうです。

無水ケイ酸

研磨剤として使用されます。

この硬度が怖いのです。引っ掻いたときの硬さを現す数字をモース硬度といい10段階で表示されますが、ダイヤモンドが最も硬くて10、無水ケイ酸は7、鉄は4、オパールが6、歯が覆われているエナメル質が6または7。

エナメル質が6または7ということは同じかそれよりも固い歯磨き粉でゴシゴシと磨くということです。

そうするとエナメル質が削られてその下にある象牙質が透けて見えるようになり、象牙質の色が黄色なので一生懸命歯磨きをしても黄色くなってしまうということになりかねません。

無水ケイ酸よりも炭酸カルシウムの方が3という硬度なのでこれが使われているものの方がまだましだということになります。

まだまだある危険な物質

・プロピレングリコール(発がん促進作用、腎不全、肝機能障害の危険性の増加)は保湿剤として使用されていることがあります。カビを防いでくれるという効果があるため食品や化粧品などにも使用されています。

・水酸化アルミニウム(アルツハイマー、味覚障害、記憶障害、注意力欠陥などの原因)は研磨剤。

・ポリエチレングリコール(発がん性物質)

 

現在私が知っているのはこのくらい。

でも、とにかくラウリル硫酸Naが入っている歯磨き粉はやめた方がいいということで取り急ぎ注文したのがこれです。

ラウリル硫酸Naは使用されていませんがこの記事の中で出てきた無水ケイ酸と酸化チタンは成分に入っていました。

 


こちらの商品を使用してみた結果は歯は2週間程度で白くなったように思います。

ホワイトニングに歯医者さんにいくよりはこの歯磨き粉を購入した方がはるかに安いです(^^v

ラウリル硫酸Naが入っていない歯磨き粉でホワイトニングもしたいという方には1度は購入されても良いかもしれません。

私は購入して使い切りました!

What do you think of this post?
  • おもしろい (3)
  • いいね (2)
  • イマイチ (0)
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 最後には笑える人生を~appreciate every moment ~ , 2017 All Rights Reserved.