自分の人生を受け入れてーサキの日記

母が緊急入院した先に勤める看護師の酷い話

2018/05/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -

元々心臓に持病を抱えている母。

最近ちょっと調子が悪かったので緊急入院になる数日前にも、時間外で診て頂きました。

 

母は愛知県の人間なので、千葉県の病院にかかったのはその時が初めて。

この時はミオコールスプレーという狭心症の発作の時に使う薬が無くなってしまったため、新しくそれを処方して頂き、帰宅しました。

 

その数日後の土曜日。

夕食を食べ終えて後片付けをし終えた頃、母がまた不調を訴えました。

 

新しいミオコールスプレーを舌下にスプレーしますが一向に良くならず苦しそう。

母に「救急車を呼ぼうか?」と尋ねると普段は嫌がる母ですがこの時は「呼んで貰おうかな」と答えたので、母のそばには私が居て、夫に救急車の手配をしてもらいました。

 

救急車を手配している時に吐き気をもよおし、トイレに行くと言う母。

その時の服装がスカートだったので楽な服装のズボンに履き替えさせたりしてトイレの中で救急車の到着を待ちました。

救急車が我が家に来る頃には歩けると本人が言うので玄関先まで出ていき、救急車に乗り込みました。

 

心臓の持病があり数日前に〇〇病院で時間外で診て頂いたことと心臓以外にも胆石はあることを救急隊に告げました。

 

数日前にかかった病院は家から少し距離があるので、心臓だった時には一刻を争うこともあるため、家から近い『T病院』へ向かうことになりました。

 

救急車の中では心電図をとりながら、過去の手術のことや現在飲んでいる薬のことを話しました。

 

これを救急隊の方がT病院の先生に伝えて下さったようです。

診て下さった先生は「以前に〇〇病院へ行っているのならそっちへ連れて行かなくてはダメだ」と救急隊を叱っていたと後で母が言っていましたが私は救急隊の判断は間違ってはいないのではないかと思いました。

本当に心臓の発作だった場合、数日前にかかっている病院へ向かうには20分以上かかると思います。が、T病院は10分もかからない内に到着できるし、循環器科の先生もいらっしゃるのですから・・・。

 

色々な検査をして頂いている間、私は家族控室で母を待ちながら夫にLINEで状況を報告していました。

21時頃には病院に入りましたが、私が先生に呼ばれたのは23時頃。

 

最初は心臓を疑って色々な検査をしたけれど血液検査の結果、胆石の数値が悪くなっているので今回は胆石が原因であるという説明。

胆嚢破裂などのリスクもあるので緊急入院をして週明けに詳しく検査をしてどのような手術になるのかを決め、胆嚢の摘出手術をするという先生のお話でした。

 

母はその時点では既に痛みはおさまっていると言っていました。

 

入院病棟へ案内され、病棟の看護師から様々な書類を渡され、サインをしました。

その時の看護師の物言いに少し腹を立てた私でしたが、時間は12時をまわり日付が変わっているのでまぁいいや。と何も無かったかのように対応しました。

 

母の部屋に案内され、看護師に「明日面会に来た時には隣のデイルームに母は移動しても良いのか?」ということと、「トイレは自分で行っても良いのか?」「部屋の中で携帯でニュースを読んだりメールをしても構わないか?」という点を確認しました。

その時の看護師の話では病棟内は歩行許可ということなので自分で歩いてトイレに行っても良いし、デイルームへ行っても構わないという話でした。ただし、ふらついたりする時には危ないのでナースコールをして下さいというお話でした。

 

母にはとりあえず携帯と携帯の充電器を渡して「また明日の午後から来るから」と言い帰宅しました。

 

帰宅後、私も寝る準備をして夫と話していると真夜中なのに母から私の携帯に着信が!

何事かと思い電話に出ると半泣きの母でした。

トイレに行きたくなったからトイレに行ったら

「誰がここのトイレを教えたのか?」と怒られ、

挙句の果てには「もう私はあなたの面倒は見ません!」と怒り、

「問題にしたいのならば院長にでも誰にでも言えばいい。」と激怒し

「私が辞めれば良いんでしょ⁉」とまで言われたそうです。

 

「こんなことを言う病院に私は居なければいけないのか?」と言う母。

 

私は困りましたが時間も時間(午前2時過ぎ)なので、考えるから一旦部屋に戻ってベッドで横になっているように伝えて電話を切りました。

 

その後病院へ電話をかけて事情を話し、救急車で運ばれて緊急入院しているのに面倒を見ないというのならば、そちらの病院から転院させて頂いても構わないのでどんな対応をしていただけるのか双方の話を聞いて決断して欲しいという旨を伝えました。

そして何時になっても構わないので私に返事を聞かせて欲しいということを伝え、対応をして頂きました。

 

その後の病院の対応はそれなりに納得のできるものでしたが、こんなことを言う看護師が居るなんて信じられませんでした。

家から近い所にある大きい病院ですが、もう二度と行きたくありません

看護師なのに「面倒を見ない」だなんてとんでもないこと。

そんな風に言ってしまった彼女も大きなストレスを抱えていたのかもしれません。。。

 

けれど、そんな言葉は許されるものではないと私は思いました。

 

せっかく国家資格をとって看護師という素晴らしい仕事をしているのに「辞めればいいでしょ⁈」とか言うのも私にはあり得ない。

 

彼女がどんな気持ちでそんなことを口走ったのか、結局は判らないままですが、仕事に不満を抱えているからそういう言葉が出るのは間違いないだろうなぁ。。。と感じました。

 

どうせやらなくてはいけない仕事なら、どうして楽しんで仕事が出来ないんだろう?

 

例えば血圧を測る仕事。

「血圧測りますね」とだけ言い、血圧を測って記録をし、去っていく看護師。

そんな仕事じゃ何も楽しくないと思います。

 

測った後に「今日は血圧安定していて良いですね」とか声掛けをうまくしていれば患者からも感謝されるだろうし、自然と笑顔が出てくるんじゃないのかな?と思います。

 

看護師も多くの患者を一人で担当しなければいけないので忙しいでしょうけれど、忙しい中でも単純な会話をすることってやりがいにも繋がるのではないのかしら???

 

T病院の看護師はそういうことがあまり無さそうな感じ。

 

今回の件ですごく親身に話を聞いて下さり、母と私達家族の気持ちを汲み取って行動してくださった看護師の方が一人いらっしゃいます。その方には感謝していますし、貴重な時間を割かせてしまって私達も申し訳なく思ったりもしますが、T病院の体質的なところを感じてしまった今回の経験。

 

皆さんはこんな経験されたら、どうしますか????

What do you think of this post?
  • いいね (4)
  • おもしろい (0)
  • イマイチ (0)
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 最後には笑える人生を~appreciate every moment ~ , 2018 All Rights Reserved.